表情分析家が解説「森保監督」試合後の深層心理 戦略通り?スペイン戦後インタビューから推察

拡大
縮小
スペイン戦に勝利し、笑顔を見せるサッカー日本代表の森保一監督(写真:AFP=時事)

FIFAワールドカップの対スペイン戦において、森保一監督率いる日本代表が勝利を収めました。試合後にインタビューを受ける監督を見ながら、「この監督は、もしかすると『これまで見たことのない景色』を見せてくれるかも!いや、もう魅せてくれている?」そんなふうに思えてきました。

筆者の専門分野である表情分析の知見から森保監督の感情と思いを推測します。分析に用いた動画は、スペイン戦後インタビューです。

インタビュー中、顔からは幾度となく笑みがこぼれ、「ヤッター!!」と勝利した喜びを全身全霊で表したかった心理が推測できます。しかし、監督の立場として冷静にインタビューに答えるため、あるいは、適切な勝者のふるまいを意識してか、幾度となく唇に力を込め、強い幸福表情が顔からこぼれ出ないように抑制しようとしています。

ドイツ戦勝利より喜びが大きかった?

「試合通して苦しい戦いでしたけど……」と監督がインタビューで述べているように、勝つか負けるかどちらにも転んでしまいそうな接戦であったからこそ、勝利の喜びが大きかったのだと思います。

この監督の幸福表情ですが、同じく勝利を収めた対ドイツ戦後のインタビューと比べると興味深いことがわかります。ドイツ戦後のインタビューを見ると、監督は軽く口角を引き上げた緩やかな幸福表情をしています。幸福を抑制する表情はほとんど見られません。これは、どういうことでしょうか。

感情と表情筋の強さは連動しており、感情が強いほど、表情筋も強く動くことがわかっています。つまり、対ドイツ戦は、スペイン戦に比べ、喜びの度合いが小さかった、そんなふうに推測できます。一般的には、日本がドイツに勝つことは凄いことです。しかし、監督の中では、「日本が勝つ……さもありなん」という期待が大きかったのかもしれません。

次ページスペインはドイツより強敵と見ていた?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT