大陽日酸は仙台の子会社工場が被災で復旧見込み立たず、今後は計画停電を懸念【震災関連速報】

大陽日酸は仙台の子会社工場が被災で復旧見込み立たず、今後は計画停電を懸念【震災関連速報】

工業用ガスの国内首位メーカー、大陽日酸は15日、宮城県仙台市内にある子会社の生産拠点が、東日本大震災に伴う津波で大きな被害を受け、操業を停止していると発表した。復旧のメドは立っていない。

同拠点は酸素や窒素などの工業用ガスを生産していた。地震に伴う大津波によって3メートル近くの高さまで浸水。生産設備に壊滅的な被害を受けた。一方、この拠点も含めて大陽日酸グループ従業員への人的な被害はなかった。

このプラント以外に大きな被害を受けた生産拠点はなかったようだ。ただ、今後の懸念は計画停電。生産設備を細切れに動かすことは難しく、人命にかかわる医療用ガスや重化学工業などにおける二次災害を回避するための保安用ガスの供給に支障が生じないかどうか、同社では懸念している。

(武政 秀明 =東洋経済オンライン)

人気記事
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。