大陽日酸は仙台の子会社工場が被災で復旧見込み立たず、今後は計画停電を懸念【震災関連速報】

大陽日酸は仙台の子会社工場が被災で復旧見込み立たず、今後は計画停電を懸念【震災関連速報】

工業用ガスの国内首位メーカー、大陽日酸は15日、宮城県仙台市内にある子会社の生産拠点が、東日本大震災に伴う津波で大きな被害を受け、操業を停止していると発表した。復旧のメドは立っていない。

同拠点は酸素や窒素などの工業用ガスを生産していた。地震に伴う大津波によって3メートル近くの高さまで浸水。生産設備に壊滅的な被害を受けた。一方、この拠点も含めて大陽日酸グループ従業員への人的な被害はなかった。

このプラント以外に大きな被害を受けた生産拠点はなかったようだ。ただ、今後の懸念は計画停電。生産設備を細切れに動かすことは難しく、人命にかかわる医療用ガスや重化学工業などにおける二次災害を回避するための保安用ガスの供給に支障が生じないかどうか、同社では懸念している。

(武政 秀明 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ルポ「ホームレス」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。