住生活G、停止した8工場のうち3工場が再開【震災関連速報】

住生活G、停止した8工場のうち3工場が再開【震災関連速報】

住宅設備最大手の住生活グループは、東日本大震災によって操業を停止していた8工場のうち、17日までに3工場で稼働を再開した。

「東洋経済オンライン」で15日既報の8工場のうち、操業を再開したのは、福島県須賀川市の須賀川工場(リビング建材)、茨城県土浦市の土浦工場(ビルサッシ)、同坂東市の岩井工場(サイディング)の3工場。

岩手県一関市の一関工場(住宅サッシなど)、茨城県下妻市の下妻工場(住宅サッシ)、同つくば市の筑波工場(ユニットバス)、同神栖市の鹿島工場(サイディング)、千葉県野田市の野田工場(電動商品)の5工場については、17日現在も操業を停止している。ただ、設備等の損傷は軽微のもようで、復旧にはそれほどの時間を要さない見込みだ。

(猪澤 顕明 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。