唐田えりか「25歳の今、私が思っていることは…」 「自分にとにかく向き合い続けた」2年間を経て

拡大
縮小
自分と向き合った2年間を経て、女優・唐田えりかさんが思うこと(写真:内田裕介(Ucci))
この記事の画像を見る(7枚)
女優・唐田えりかさんの再始動となる映画『の方へ、流れる』が11月26日に公開となりました。しばらく表舞台から離れていたとはいえ、彼女はまだ25歳。今作でも瑞々しさと艶めかしさを秘めた演技で替えがたい魅力を放っています。新たなスタートを前に唐田さんは今、何を思うのでしょう?

唐田えりかさんの現在地

映画『寝ても覚めても』(2018)で、生き写しのように同じ顔をした二人の男性と恋に落ち、葛藤するヒロインを渾身の演技で表現し、鮮烈な印象を残した唐田えりかさん。しばらく表舞台から離れていた彼女が、主演映画『の方へ、流れる』の公開(11月26日)で再スタートを切ります。

本記事はLEON.JPの提供記事です

今回、唐田さんが演じるのは、会社を辞めて、姉が経営する雑貨店で店番をする主人公・里美。そこに現れた、恋人を待つ男・智徳(遠藤雄弥)と街へ出かけ、遠慮のない言葉をぶつけあいながら、ふたりは次第に距離を縮めていきます。恋愛に発展するともしないとも知れない不思議な時間が二人の間に流れます。

本作が撮影されたのは、2021年の11月下旬から12月にかけての8日間。久しぶりの主演映画に彼女は、どんな思いで撮影に挑んだのでしょうか。映画には、男女の刹那的な出会いの顛末とともに、どんな役にもひたむきに臨む、唐田えりかという一人の女優のまぎれもない現在(いま)が映し出されています。

次ページお芝居を通してみなさんに恩返しをしていきたい
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT