新型プリウス「このデザイン」になった深いワケ 「低さ」に見る決意と社内「立ち位置」の変化

✎ 1〜 ✎ 56 ✎ 57 ✎ 58 ✎ 59
拡大
縮小
5代目となった「プリウス」は2022年11月16日に世界初公開された(写真:トヨタ自動車)

ハイブリッド車(HEV)のパイオニア、トヨタ自動車の「プリウス」が7年ぶりにモデルチェンジし、5代目に進化した。

スタイリングを見てまず感じたのは、賛否両論だった先代の面影がなくなり、大ヒットした2代目や3代目の面影を取り戻したということ。新型のデザインコンセプトでもある「モノフォルムシルエット」が、そう感じさせるのだ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

モノフォルムシルエットとは、フロントフードとフロントウインドウが一直線につながり、リアゲートまでスムーズに線が流れていくフォルムのことで、プリウスは2代目以降これを継承し、新型にも受け継いだとしている。

ただし先代は、フロントフードとウインドウの間に少し角度が付いていた。これが新型では、再び一直線になった。そのため、2代目登場時にデザインの説明で使われた「トライアングルシルエット」、つまりルーフの頂点から前後にスロープが伸びていくようなプロポーションが復活している。

2/3代目の雰囲気+低さ

厳密に見ていくと、トライアングルの頂点は世代によって違う。

2代目はドライバーの頭上にあったが、3代目になるとセンターピラーの後ろにまで移動。先代では再びドライバーの頭上あたりに戻したものの、新型は3代目よりさらに後ろ、リアドアの真ん中ぐらいまで下がっている。

つまり、この点では3代目に近いと言えそうだが、キャラクターラインがなくすっきりしたサイドパネルは2代目を思わせる。

2003年に登場した2代目プリウス(写真:トヨタ自動車)
2009年に登場した3代目プリウス(写真:トヨタ自動車)

サイドシルのラインはリアフェンダーにかけて跳ね上げ、躍動感を表現しているが、この手法は「クラウンクロスオーバー」など多くの車種で見られる最近のトレンドであり、それ以外は大ヒットした2/3代目の雰囲気を取り戻したと言える。

しかし、歴代と大きく違うところもある。“低さ”だ。

2WD・Zグレードのボディサイズを先代と比べると、全長は25mm伸びた4600mm、全幅は20mm幅広い1780mm、全高は40mm低い1430mmとなっている。2/3代目の全高は先代よりさらに高い1490mmだったので、印象はかなり違う。

発表資料には、スタイリングについて「『ワクワクする』『エモーショナル』なデザインを目指した」と書いてある。その象徴が、“低さ”ではないかと考えている。

次ページもはやファミリーカーではない
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT