日産「6代目セレナ」ついに姿を表した新型の全貌 地道な改善を追求し続けた日産の執念が形に

✎ 1〜 ✎ 119 ✎ 120 ✎ 121 ✎ 最新
拡大
縮小
2022年11月28日発表された6代目日産「セレナ」(写真:日産自動車)

1月にトヨタ「ノア/ヴォクシー」、6月にホンダ「ステップワゴン」と、ミドルサイズミニバンのフルモデルチェンジが相次いだ2022年、最後に残っていた“あのクルマ”の新型モデルが11月28日発表された。日産「セレナ」だ先代セレナ(C27型)の登場が2016年だったから、6年ぶりのフルモデルチェンジである。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

なによりも先に目につくのは、面積を拡大し、ヘッドライトと同一面化したフロントグリルだろう。そして、ヘッドライトとサイドウインドウが、ガーニッシュでつながるデザインも新しい。

しかし、そのままサイドに目をやると、ドアハンドル下にラインを持ち、クォーターでキックアップするモチーフは、先代と共通。ひと目でセレナだとわかるスタイルでの、登場である。

「バネットセレナ」と名乗っていた初代(C23型)から数えて6代目となる今作は、「家族との遠出を最大限楽しむためのミニバン」がコンセプトだという。

進化の仕方は「ごくまっとう」

e-POWERにプロパイロットにと、このところセレナの話題はテクノロジー面のものが多かった。これらの先進性は先代セレナをアピールするうえで、大きな役割を果たしたが、一方で「セレナとしてもっとも重要な『家族と楽しめる』のイメージが低下している点」が日産の課題だった。

たしかに、「モノより思い出。」のキャッチコピーで大ヒットした2代目(C24型)の時代を知っている人なら、当時とはセレナに対するイメージが変わってきたことを感じているかもしれない。フロントマスクのイメージを変えてきたのは、そんな背景もあるのだろう。

ひとめでセレナだとわかるデザイン(写真:日産自動車)

日産自動車の星野朝子副社長は、「家族全員でのかけがえのない時間を少しでも多く大切に過ごしてほしい、『セレナ』を通じて家族の時間を最大限楽しんでほしい、との想いでこの新型『セレナ』を企画・開発して参りました。『今日のお出かけ、楽しかったね!』、『今度はもっと遠くに行ってみたい!』、などといった親子の笑顔溢れる会話が自然と生まれるようなドライブを楽しんでいただきたい。新型『セレナ』には、そんな想いとこだわりを詰め込みました」と語る。

縦型コンビランプも世代から受け継がれるモチーフ(写真:日産自動車)

では、具体的に何が変わったのか。正直なところ、新開発プラットフォームを採用したノア/ヴォクシーや、デザインで原点回帰を図ったステップワゴンほど、ドラスティックなモデルチェンジはしていない。「ごくまっとうに進化した」という印象だ。しかし、言い換えれば「先代のよさを残して、ネガをつぶしてきた」ともいえる。

次ページe-POWERは1.4L化した第2世代に
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT