日本郵政は福島原発周辺の自宅待機圏内への郵送業務が実質困難に【震災関連速報】

日本郵政は福島原発周辺の自宅待機圏内への郵送業務が実質困難に【震災関連速報】

福島原発関連で政府が実施した自宅待機措置が、日本郵政の郵送業務にも思わぬ影響を及ぼしつつある。

政府は、東電・福島第一原子力発電所から20キロメートルから30キロメートル圏内の住民に自宅待機を指示している。この措置によって、同圏内の外から同圏内に入って屋外で活動することも難しくなった。自宅待機圏内での配達業務を行うと、配達業務職員が被曝するおそれがあるからだ。

したがって、日本郵政はこの30キロメートル圏近くまで郵便物の配送を行っているものの、圏内への配達については、各地の郵便事業会社の支社の管理者が対象地域の自治体の状況を踏まえながら、適宜判断するとの方針だ。しかし、すべての地域が30圏内にある自治体については、事実上、配達は不可能と考えられる。

これは、郵便配達に限らず、支援物資の輸送などにも当てはまる問題であり、今後、原発問題が深刻化するほど、同圏内に外部からの人や物資の流れが困難になる可能性が高い。場合によっては、「圏外退去」ではなく屋内待機という措置をとった政治判断の是非が問われそうだ。
(浪川 攻=東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT