日本郵政は福島原発周辺の自宅待機圏内への郵送業務が実質困難に【震災関連速報】

日本郵政は福島原発周辺の自宅待機圏内への郵送業務が実質困難に【震災関連速報】

福島原発関連で政府が実施した自宅待機措置が、日本郵政の郵送業務にも思わぬ影響を及ぼしつつある。

政府は、東電・福島第一原子力発電所から20キロメートルから30キロメートル圏内の住民に自宅待機を指示している。この措置によって、同圏内の外から同圏内に入って屋外で活動することも難しくなった。自宅待機圏内での配達業務を行うと、配達業務職員が被曝するおそれがあるからだ。

したがって、日本郵政はこの30キロメートル圏近くまで郵便物の配送を行っているものの、圏内への配達については、各地の郵便事業会社の支社の管理者が対象地域の自治体の状況を踏まえながら、適宜判断するとの方針だ。しかし、すべての地域が30圏内にある自治体については、事実上、配達は不可能と考えられる。

これは、郵便配達に限らず、支援物資の輸送などにも当てはまる問題であり、今後、原発問題が深刻化するほど、同圏内に外部からの人や物資の流れが困難になる可能性が高い。場合によっては、「圏外退去」ではなく屋内待機という措置をとった政治判断の是非が問われそうだ。
(浪川 攻=東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。