富士通はPC生産を一時的に移管準備【震災関連速報】

富士通はPC生産を一時的に移管準備【震災関連速報】

富士通グループのデスクトップパソコン製造子会社、富士通アイソテック(福島県伊達市)は震災により操業を停止しているが、デスクトップPCはノートPC製造の島根富士通へ、PCサーバーはスーパーコンピュータやUNIXサーバーを製造する富士通ITプロダクツ(石川県)に移管することを検討中であることがわかった。春の需要期を控えて、製造設備の損傷ばかりでなく、電力などインフラを含めた復旧メドがはっきりしないための一時的な施策で、本格的な移管は考えていない。復旧すれば生産は戻す意向だ。

また、計画停電の影響で操業が安定しない那須工場(携帯電話の製造修理、無線基地局装置製造)は、緊急対応として、16、18両日は夜間操業でしのぐ。計画停電が長引く場合、自家発電装置の導入など、安定操業できる方法を検討する。また、携帯電話については、一時的に富士通周辺機(兵庫県)の増産で対応することも検討している。

(小長 洋子 =東洋経済オンライン)

 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。