タイ軍事政権、「胸の下半分自撮り」は違法!

法律違反の刑罰は最大禁錮5年

[バンコク 16日 ロイター] タイの軍事政権は16日、女性が胸部下側のセルフィー(自撮り)写真をウェブサイト上に掲載することは違法だと警告した。こうしたセルフィーの投稿がソーシャルメディア上では急速に広まっている。

タイの2007年コンピューター関連犯罪法では、「国家の安全保障を脅かす、あるいは公の秩序を乱す」素材や、「公にアクセスが可能なコンピューター上のわいせつデータ」が禁じられている。

文化省によると、同法違反の刑罰は最大禁錮5年だが、摘発方法は明確にしていない。

文化省報道官はこうしたセルフィーに顔は写らないため、誰の写真か分からず、他の人も真似をするようになると指摘。「警告することしかできない。これは不適切な行為だ」と述べた。

同省は長年、映画や音楽、テレビ、欧米式の一部の文化に関する検閲が厳しすぎるとして批判を浴びていた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • トランプ派メディアの実態
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。