タイ軍事政権、「胸の下半分自撮り」は違法!

法律違反の刑罰は最大禁錮5年

[バンコク 16日 ロイター] タイの軍事政権は16日、女性が胸部下側のセルフィー(自撮り)写真をウェブサイト上に掲載することは違法だと警告した。こうしたセルフィーの投稿がソーシャルメディア上では急速に広まっている。

タイの2007年コンピューター関連犯罪法では、「国家の安全保障を脅かす、あるいは公の秩序を乱す」素材や、「公にアクセスが可能なコンピューター上のわいせつデータ」が禁じられている。

文化省によると、同法違反の刑罰は最大禁錮5年だが、摘発方法は明確にしていない。

文化省報道官はこうしたセルフィーに顔は写らないため、誰の写真か分からず、他の人も真似をするようになると指摘。「警告することしかできない。これは不適切な行為だ」と述べた。

同省は長年、映画や音楽、テレビ、欧米式の一部の文化に関する検閲が厳しすぎるとして批判を浴びていた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT