タイ軍事政権、「胸の下半分自撮り」は違法!

法律違反の刑罰は最大禁錮5年

[バンコク 16日 ロイター] タイの軍事政権は16日、女性が胸部下側のセルフィー(自撮り)写真をウェブサイト上に掲載することは違法だと警告した。こうしたセルフィーの投稿がソーシャルメディア上では急速に広まっている。

タイの2007年コンピューター関連犯罪法では、「国家の安全保障を脅かす、あるいは公の秩序を乱す」素材や、「公にアクセスが可能なコンピューター上のわいせつデータ」が禁じられている。

文化省によると、同法違反の刑罰は最大禁錮5年だが、摘発方法は明確にしていない。

文化省報道官はこうしたセルフィーに顔は写らないため、誰の写真か分からず、他の人も真似をするようになると指摘。「警告することしかできない。これは不適切な行為だ」と述べた。

同省は長年、映画や音楽、テレビ、欧米式の一部の文化に関する検閲が厳しすぎるとして批判を浴びていた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。