あなたが万年不合格に陥るたった1つのワケ

試験勉強に「向き不向き」なんてものはない

試験勉強で重要なのは「絞り」と「反復」です。特に後者は超重要。なのに、受験期間が長くなってしまう人は、勉強時間を「反復」ではなく、せっかく絞った範囲の「発散」に使ってしまいます。ご質問者様は、「ムダを見極めつつ合格のための勉強をしている」とおっしゃっていますが、いつの間にかその省いたムダに突っ込んでいます。間違いありません。

「覚えようとしなくても覚えている」くらい、基本を繰り返し繰り返し徹底的に反復する。人間は忘却の生き物。いずれ必ず忘れてしまうのです。そして多くの人がこの部分をサボるので、ここで差がつくのです。

この作業はすごくしんどいです。その時点でわかりきっていることを繰り返すわけですから。好奇心も知識欲もへったくれもありません。それでも合格したければ、ノートに「this is a pen」と10回書いて例文を覚えるような反復をしてください。電車で「this is a pen」と独り言を言うくらい繰り返してください(笑)。

それで結局、あきらめるべきなの?

で、ようやく本題。ここまで言えばもう自明ですよね。司法書士の試験、ご質問者様は絶対にあきらめるべきではありません。時間に余裕ができた今、正しい努力をすれば確実に成果が出ます。これまで落ち続けてきたのは、あなたの記憶力が悪いからでも、頭が悪いからでもありません。

資格試験なんてものはしょせん試験であり、向き不向きなど、そもそも関係がないのです。向き不向きというのは、実際に司法書士の仕事をやってみて初めてわかるものですから、今の段階で「向いていない」とあきらめるのは早計です。

司法書士試験は難関とされていますが、絶対数を見れば、毎年数百名「も」受かるわけです。オリンピックの金メダルを目指すのであれば別ですが、数百人も受かる試験に「向いてないからやめようか」なんて、自分に言い訳をしてはダメです。ちゃんと図書館で、ノートに書きまくり、独り言をつぶやき、反復学習を続けてください。

まだまだここから! やればできる! 自分を信じろ! はい、最後に(松岡)修造力を発揮して本稿を終えたいと思います。今年の合格、期待しております!!

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。