ハニーズの本部社員は自宅待機。宮城、岩手の店舗で休業相次ぐ【震災関連速報】

ハニーズの本部社員は自宅待機。宮城、岩手の店舗で休業相次ぐ【震災関連速報】

カジュアル衣料専門店ハニーズでは、11日の東日本大震災を受け、14日から本社社員を自宅待機としている。

福島県いわき市鹿島町の本社では、震災後、水道は止まったものの停電はなく、本社建物や各種システムにも大きな損傷は見られなかった。12、13日も東北地方の店舗を中心に各店の状況調査を行っていたが、周辺のガソリン不足が深刻化して社員の自動車通勤が困難になる可能性が高まったことに加え、東電・福島原発の被害拡大を受け、週明けの14日に最低でも18日までの自宅待機を本部社員に通達した。

ハニーズは東北地域で約90店を構えるが、ショッピングセンターに入居している店舗が多く、その場合は休業等はデベロッパーの判断で決められている。宮城県や岩手県では、ショッピングセンター自体の被害が大きく営業が難しい店舗も数多いという。また、現状でも従業員の安否が確認できていない店舗もあるようだ。

(鈴木良英 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。