シンニッタンは茨城県高萩の主力工場が被災、復旧へ向け準備【震災関連速報】

シンニッタンは茨城県高萩の主力工場が被災、復旧へ向け準備【震災関連速報】

商用車や建設機械向けに鍛造品をつくるシンニッタンは、東日本大震災で高萩工場(茨城県高萩市)が被災した。従業員は無事だった、工場や設備も目立った損傷はないが確認を急いでいる。懸案だった電力も回復し、操業再開に向けて準備を進めている。

足回りなど大きな力が加わるところに使用される鍛造部品を作るにはプレス機と熱処理が不可欠。今回の震災でプレス機や熱処理設備に目立った損傷はない。

ただ、今後、計画停電の実施次第では、プレスの前工程である加熱や、後工程の熱処理などに影響が出る。特に熱処理は再稼働させるのに数時間かかるため、生産計画にも影響が出そうだ。

(松浦 大 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT