95歳でこの肉体!元気すぎるシニアの実態

アクティブシニアがスポーツ市場を変える

ラリー・ジョンソン(95)は週6日、トレーニングに励む (写真:Mark Holm/The New York Times)

ラリー・ジョンソンは退職後も忙しい毎日を送っている。室内で90分の自転車教室と、上半身のトレーニングを、1日交替で週3日ずつ。土曜日は休息日だ。冬はニューメキシコ州アルバカーキの自宅から少なくとも週1回は山に行き、スキーを楽しむ。

競技会に備えて勘が鈍らないように、土曜日も時々、地元のトレイルで60キロメートル近くペダルをこぐ。4月5日で95歳になるジョンソンは、今年の夏にミネアポリスで全米シニア大会の自転車競技に出場。5・10・20・40キロメートルの4種目制覇を目指している。目標は実現できそうだ。

「95歳以上の部」の出場者はおそらくジョンソンだけだからだ。

「飛び入り参加がいないかぎり、競争する必要はない」と、ジョンソンは言う。10年前にスキーパトロールの仕事を引退するまでは、原子力業界で働いていた。「完走すればいいだけだ。問題ないさ」。

数十年前は、競技としてスポーツをする年長者はかなり少なかっただろう。しかし今や、ほぼすべての競技に中高齢以上の年齢別部門がある。「40歳以上」をひとくくりにしていたのは昔の話。60歳以上、70歳以上と上限はあがり、ジョンソンのように95歳以上の部門もある。

78歳の現役カウボーイ

年齢別部門の出場者は、退職後にスポーツに目覚めた人ばかりではない。カナダのアルバータ州に住むジャック・ヒキンは、35歳のときに年下の乗馬仲間からロデオ大会に誘われた。

「年上の意地があった」と、元教師のヒキンは言う。「若いやつらが縄を投げて子牛を捕えられるなら、自分も練習すれば負けないと思った」

ヒキンは現在78歳。今もシニア大会の68歳以上の部門で投げ縄競技に参加している。縄が子牛にかかったら、激しく動く馬から飛び降りて子牛を縛り上げる。30分で青あざだらけだ。

次ページ元気なシニアが増えている!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT