95歳でこの肉体!元気すぎるシニアの実態

アクティブシニアがスポーツ市場を変える

ラリー・ジョンソン(95)は週6日、トレーニングに励む (写真:Mark Holm/The New York Times)

ラリー・ジョンソンは退職後も忙しい毎日を送っている。室内で90分の自転車教室と、上半身のトレーニングを、1日交替で週3日ずつ。土曜日は休息日だ。冬はニューメキシコ州アルバカーキの自宅から少なくとも週1回は山に行き、スキーを楽しむ。

競技会に備えて勘が鈍らないように、土曜日も時々、地元のトレイルで60キロメートル近くペダルをこぐ。4月5日で95歳になるジョンソンは、今年の夏にミネアポリスで全米シニア大会の自転車競技に出場。5・10・20・40キロメートルの4種目制覇を目指している。目標は実現できそうだ。

「95歳以上の部」の出場者はおそらくジョンソンだけだからだ。

「飛び入り参加がいないかぎり、競争する必要はない」と、ジョンソンは言う。10年前にスキーパトロールの仕事を引退するまでは、原子力業界で働いていた。「完走すればいいだけだ。問題ないさ」。

数十年前は、競技としてスポーツをする年長者はかなり少なかっただろう。しかし今や、ほぼすべての競技に中高齢以上の年齢別部門がある。「40歳以上」をひとくくりにしていたのは昔の話。60歳以上、70歳以上と上限はあがり、ジョンソンのように95歳以上の部門もある。

78歳の現役カウボーイ

年齢別部門の出場者は、退職後にスポーツに目覚めた人ばかりではない。カナダのアルバータ州に住むジャック・ヒキンは、35歳のときに年下の乗馬仲間からロデオ大会に誘われた。

「年上の意地があった」と、元教師のヒキンは言う。「若いやつらが縄を投げて子牛を捕えられるなら、自分も練習すれば負けないと思った」

ヒキンは現在78歳。今もシニア大会の68歳以上の部門で投げ縄競技に参加している。縄が子牛にかかったら、激しく動く馬から飛び降りて子牛を縛り上げる。30分で青あざだらけだ。

次ページ元気なシニアが増えている!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。