澤藤電機の本工場は損害なく正常操業だが、サプライヤーの一部が被災【震災関連速報】

澤藤電機の本工場は損害なく正常操業だが、サプライヤーの一部が被災【震災関連速報】

日野自動車傘下の電装品メーカー、澤藤電機が東日本大震災で直接受けた被害は軽微だったようだ。本工場(群馬県太田市)はダクトが外れるなど一部影響はあったが、生産設備や従業員に物理的被害はなく、すでに操業を再開している。

ただ、部品調達先のサプライヤーの一部が被災したもよう。この影響は読み切れないが、在庫が無くなれば操業停止に追いこまれる可能性もあるだけに、最悪の事態を避けるための対応策も求められそうだ。

(松浦 大 =東洋経済オンライン)

 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。