澤藤電機の本工場は損害なく正常操業だが、サプライヤーの一部が被災【震災関連速報】

澤藤電機の本工場は損害なく正常操業だが、サプライヤーの一部が被災【震災関連速報】

日野自動車傘下の電装品メーカー、澤藤電機が東日本大震災で直接受けた被害は軽微だったようだ。本工場(群馬県太田市)はダクトが外れるなど一部影響はあったが、生産設備や従業員に物理的被害はなく、すでに操業を再開している。

ただ、部品調達先のサプライヤーの一部が被災したもよう。この影響は読み切れないが、在庫が無くなれば操業停止に追いこまれる可能性もあるだけに、最悪の事態を避けるための対応策も求められそうだ。

(松浦 大 =東洋経済オンライン)

 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。