澤藤電機の本工場は損害なく正常操業だが、サプライヤーの一部が被災【震災関連速報】

澤藤電機の本工場は損害なく正常操業だが、サプライヤーの一部が被災【震災関連速報】

日野自動車傘下の電装品メーカー、澤藤電機が東日本大震災で直接受けた被害は軽微だったようだ。本工場(群馬県太田市)はダクトが外れるなど一部影響はあったが、生産設備や従業員に物理的被害はなく、すでに操業を再開している。

ただ、部品調達先のサプライヤーの一部が被災したもよう。この影響は読み切れないが、在庫が無くなれば操業停止に追いこまれる可能性もあるだけに、最悪の事態を避けるための対応策も求められそうだ。

(松浦 大 =東洋経済オンライン)

 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。