米国から中国への留学、なぜ減っているのか

雇用機会が減少していることに敏感に反応

米国では過去数年、中国に留学して中国語を学ぼうとする学生の数が大幅に減少しているという。写真は2011年1月にワシントンで撮影(2015年 ロイター/Hyungwon Kang)

[上海 13日 ロイター] - 米国では過去数年、中国に留学して中国語を学ぼうとする学生の数が大幅に減少しているという。米カリフォルニア大学交換留学プログラム(UCEAP)では、中国への留学数は4年前の半数に満たない水準になると予想されている。

また、ワシントンにある留学団体CETは、2013年以降、中国への関心が低下し続けていると明らかにした。

こうした関心低下を一部の中国専門家は憂慮している。ウィルソン・センター・キッシンジャー米中関係研究所のロバート・ダリー所長は、両国関係の重要性を考えれば、中国語を話し、中国の文化を理解する人材がさまざまな業界に存在することは「国益に関わる問題」だと指摘。「中国の言葉で理解しない限り、われわれは中国に論理的かつ効果的に、そして完全に対処することはできない」と語った。

米国際教育研究所によると、海外留学生の数は全体として若干増加している一方、2012─13年の中国への留学生数は前年比3.2%減の1万4413人だった。

対照的に、米国で学ぶ中国人留学生の数は2013─14年に前年比で16.5%増え、27万4000人を超えた。

次ページ需要が変化した
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT