ディズニーが「独自動画」強化に招き入れた人材 「ドライブ・マイ・カー」のプロデューサーが転身

拡大
縮小
『ドライブ・マイ・カー』のプロデューサーを務めた山本晃久氏
山本氏はディズニーに入っても「従来のスタンスとあまり変化はない」と述べた(撮影:今井康一)
昨年、カンヌ国際映画祭で脚本賞、アカデミー賞で国際長編映画賞を受賞した映画『ドライブ・マイ・カー』。プロデューサーを務めた山本晃久氏は現在、ウォルト・ディズニー・ジャパンの動画配信「ディズニープラス」で新しい作品作りに取り組んでいる。なぜディズニーに移ったのか、映画と動画配信の違いなどについて聞いた。

 

――なぜディズニーに移ったのですか?

成田岳さん(ディズニープラスのコンテンツブランド「スター」で、日本独自作品の制作を統括するエグゼクティブ・ディレクター)に声をかけていただいたのがきっかけ。成田さんとは仕事上の接点が多く、業界の抱える問題について話し合うこともあった。思うところが合致しているという感じがあった。

声をかけていただいたのは2021年の初め、ちょうど『ドライブ・マイ・カー』の仕上げに入るところだった。この映画は自分としても大きな仕事だったので、それが一段落して、タイミングがよかったということもある。ディズニーに誘われて単純にうれしかったし、光栄なことという気持ちもあった。

まず観客に楽しんでもらうことが大事

――どんな役割を任されていますか?

われわれは作品を自前で作っているわけではなく、プロダクションやプロデューサーなど外部のパートナーさんたちと一緒に作っている。そこから企画をもらい、チームで精査し、企画を決定する。でも「あとはおまかせ」ということではない。ディズニーが培ってきたストーリーテリング(物語を語ること)を、みなさんとシェアすることにこだわっている。

それをパートナーも巻き込んで推し進めるのが僕の役割。ディズニーのストーリーテリングを自分流に解釈すれば、「観客のことをしっかり考えること」。観客に感動してもらい、楽しんでもらう。

こうした基本的な部分は、作品作りで意外に置いていきがちな部分だ。ディズニーに入って、みんながFUN(楽しませる)を考えているのは、新鮮な驚きだった。

――ドラマでも「ディズニーらしい作品を作れ」などといった、制作上の制約はないのですか?

「スター」の中にアメリカのゾンビドラマ『ウォーキング・デッド』があるから(笑)。特に制約はないと思う。これからラインナップが順次発表されていくと思うが、ジャンルも偏っていない。

次ページドラマなら人物を深く描くことができる
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT