沢井製薬は被災した仙台支店の早期再開へ【震災関連速報】

沢井製薬は被災した仙台支店の早期再開へ【震災関連速報】

沢井製薬は、東日本巨大地震で被災した仙台支店(仙台市太白区)の臨時事務所を確保して、同支店が管轄する東北エリアでの業務を再開する予定だ。千葉・茂原の関東工場は、地震発生時に停電したものの設備機器の損壊はなく、現在は復旧している。

同社は生産拠点として福岡の九州工場、兵庫の三田工場、大阪工場と関東工場を擁している。関東工場の早期復旧で全社的な生産体制そのものには、影響はない模様。今後は計画停電など電力供給の状況によって、関東工場の創業に影響が出る可能性がある。

製品については工場や物流業務委託先の物流センター、医薬品卸・販売会社に一定の在庫がある。しかし東日本での物流は、道路の損傷やガソリン不足で混乱していることから「被災地域を中心に納品が遅れる恐れがある」(沢井製薬)。仙台支店の業務再開については、直接の被災地であることから「できる限り早く」(同)行う意向だ。

(鶴見 昌憲 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT