サンクス運営するCVSベイエリアは東京湾岸、千葉地域で2店のぞき営業継続【震災関連情報】

サンクス運営するCVSベイエリアは東京湾岸、千葉地域で2店のぞき営業継続【震災関連情報】

東京湾岸と千葉県内で、サークルKサンクスの「サンクス」ブランドでコンビニを127店運営するシー・ヴイ・エス・ベイエリア(CVS)は、東日本大震災後も、2店舗をのぞいて営業を継続している。

休業に追い込まれたのは新浦安市内と幕張市内の店舗。店舗が傾いたり、周囲が液状化するなどして営業が困難になった。他店でも、供給される物資が絶対的に足りないため、品薄状況が続いている。弁当工場など、いくつかのベンダーも被災している。

とくに、麺類を供給するベンダーは宇都宮工場が被災で停止。静岡工場から物資を振り向けていたが、15日夜に静岡を震源に起きた新たな地震のため、麺類はまったく供給のメドが立たなくなったという。軽油不足で、飲料など商品があるのにトラックで運ぶことが出来ない、といった問題も続いている。

サークルKサンクスを含め、いまのところどのチェーンも自陣営の手当で手一杯だが、今後は一時的にせよ、スーパーなども含めた配送の共同化などを検討する必要も出てきそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号が見抜く<br>コロナ禍に強い会社

逆境下でも好業績を維持している企業はどこか。今期に過去最高益を更新、5期連続で増益など好調企業のリストを、ランキング形式でまとめました。会社が業績予想を開示しなかった日産、ホンダなど29社も、四季報記者が独自予想し公開しています。