サンクス運営するCVSベイエリアは東京湾岸、千葉地域で2店のぞき営業継続【震災関連情報】

サンクス運営するCVSベイエリアは東京湾岸、千葉地域で2店のぞき営業継続【震災関連情報】

東京湾岸と千葉県内で、サークルKサンクスの「サンクス」ブランドでコンビニを127店運営するシー・ヴイ・エス・ベイエリア(CVS)は、東日本大震災後も、2店舗をのぞいて営業を継続している。

休業に追い込まれたのは新浦安市内と幕張市内の店舗。店舗が傾いたり、周囲が液状化するなどして営業が困難になった。他店でも、供給される物資が絶対的に足りないため、品薄状況が続いている。弁当工場など、いくつかのベンダーも被災している。

とくに、麺類を供給するベンダーは宇都宮工場が被災で停止。静岡工場から物資を振り向けていたが、15日夜に静岡を震源に起きた新たな地震のため、麺類はまったく供給のメドが立たなくなったという。軽油不足で、飲料など商品があるのにトラックで運ぶことが出来ない、といった問題も続いている。

サークルKサンクスを含め、いまのところどのチェーンも自陣営の手当で手一杯だが、今後は一時的にせよ、スーパーなども含めた配送の共同化などを検討する必要も出てきそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT