富士通は那須や小山、川崎などで自家発電設備備えず計画停電で影響か【震災関連速報】

富士通は那須や小山、川崎などで自家発電設備備えず計画停電で影響か【震災関連速報】

富士通が関東地方に構える主要な生産拠点のうち、自家発電設備を持たない工場が4拠点あることが分かった。東京電力の計画停電で影響を受ける可能性がある。

自家発電設備を備えていない工場は、富士通小山工場(栃木県、光伝送装置)、川崎工場(神奈川県、情報システム、通信機器)、富士通セミコンダクターあきる野テクノロジーセンター(東京都、半導体の研究開発)、那須。ただ、これまでに停電の実施によりライン停止しているのは那須と小山の2カ所のみにとどまっている。

また、東日本大震災の発生後から安否確認を急いでいた従業員のうち、宮城県のグループ会社従業員1人の死亡が確認された。

(小長 洋子 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT