(第56回)日本は医療について鎖国体制を敷いている


 OECD諸国の人口1000人当たりの看護師数と医師数は、グラフに示すとおりだ。看護師数では日本は9・4人であり、30カ国中でほぼ中位に位置している。他方、医師数では日本は2・1人であり、最下位のグループにいる。イギリス、アメリカが2・4~2・6人、ノルウェー、オーストリアが4人を超えているのと比較すると、かなり少ない。

「供給者の論理」は患者の要望と一致しない

しかも必要とされる医療専門者は、人口総数に対する比率よりも、高齢者数に対する比率で見るべきだろう。なぜなら高齢者の医療需要が大きいからである。そして日本は人口高齢化が先進国でもっとも進んでいる。これを考えると、日本における医師や看護師の数は、他国と比較して非常に少ないことになる。

たとえば65歳以上人口1000人当たりで見ると、医師数では日本9・4人に対し、イギリス15・7人、ドイツ17・4人、アメリカ18・7人と、かなりの差がある。看護師数では、人口1000人当たりでは日独英に大きな差はないが、65歳以上人口1000人当たりでは、日本41・3人に対し、イギリス57・3人、ドイツ52・1人と、差が出る。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。