油研工業は茨城・袋田工場が被災、生産設備に一部支障【震災関連速報】

油研工業は茨城・袋田工場が被災、生産設備に一部支障【震災関連速報】

油圧機器の専業メーカーである油研工業は、茨城県大子町にある袋田工場が東日本大震災で被災し、損害が発生した。生産用の機械がずれたり倒れたりしたほか、天井の一部がはがれたため、操業を停止している。現在、機械を元に戻して状態を調べながら、操業再開の準備を急いでいる。16日現在、再開時期は不明だが、「1カ月はかからないだろう」(萩野嘉夫・総務部長)としている。

油研工業は、国内の生産拠点として本社工場(社員約250人)と袋田工場(同約80人)がある。本社は油圧バルブやユニット、袋田は油圧ポンプを生産している。本社で油圧ポンプの生産を行うことは難しく、比較的軽微とはいえ業績への影響は避けられない見通しだ。

また、本社工場のある神奈川県綾瀬市では15日から計画停電が実施されており、一定時間、操業を停止している。この面でも業績への影響がありそうだ。

(柿沼 茂喜 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT