油研工業は茨城・袋田工場が被災、生産設備に一部支障【震災関連速報】

油研工業は茨城・袋田工場が被災、生産設備に一部支障【震災関連速報】

油圧機器の専業メーカーである油研工業は、茨城県大子町にある袋田工場が東日本大震災で被災し、損害が発生した。生産用の機械がずれたり倒れたりしたほか、天井の一部がはがれたため、操業を停止している。現在、機械を元に戻して状態を調べながら、操業再開の準備を急いでいる。16日現在、再開時期は不明だが、「1カ月はかからないだろう」(萩野嘉夫・総務部長)としている。

油研工業は、国内の生産拠点として本社工場(社員約250人)と袋田工場(同約80人)がある。本社は油圧バルブやユニット、袋田は油圧ポンプを生産している。本社で油圧ポンプの生産を行うことは難しく、比較的軽微とはいえ業績への影響は避けられない見通しだ。

また、本社工場のある神奈川県綾瀬市では15日から計画停電が実施されており、一定時間、操業を停止している。この面でも業績への影響がありそうだ。

(柿沼 茂喜 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。