ニチユは東北の2支店が冠水、安否確認とれない社員も【震災関連速報】

ニチユは東北の2支店が冠水、安否確認とれない社員も【震災関連速報】

バッテリーフォークリフト最大手のニチユは、11日に発生した東日本巨大地震で東北地方管轄の販売会社が被災した。一部支店が営業停止となっているとともに、同社社員の安否確認が取れていない状況も続いている。

ニチユによると、フォークリフト販売子会社であるニチユNHI東北の石巻支店(宮城県石巻市松並)と気仙沼支店(宮城県気仙沼市川口町)の2支店が冠水して営業を中止している。またニチユNHI東北の社員5人の安否が16日現在に至ってもとれていない、という。

ニチユの生産拠点は、京都、滋賀にあることから直接の被害は受けていない。同社は主力のフォークリフトの他に、自動倉庫や無人搬送機器などの物流システムを手掛けている。今回の地震で物流システムが被害を受けた企業も多いことから、修復・復興に向けた対応が求められることになろう。

(鶴見 昌憲 =東洋経済オンライン)

 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。