ニチユは東北の2支店が冠水、安否確認とれない社員も【震災関連速報】

ニチユは東北の2支店が冠水、安否確認とれない社員も【震災関連速報】

バッテリーフォークリフト最大手のニチユは、11日に発生した東日本巨大地震で東北地方管轄の販売会社が被災した。一部支店が営業停止となっているとともに、同社社員の安否確認が取れていない状況も続いている。

ニチユによると、フォークリフト販売子会社であるニチユNHI東北の石巻支店(宮城県石巻市松並)と気仙沼支店(宮城県気仙沼市川口町)の2支店が冠水して営業を中止している。またニチユNHI東北の社員5人の安否が16日現在に至ってもとれていない、という。

ニチユの生産拠点は、京都、滋賀にあることから直接の被害は受けていない。同社は主力のフォークリフトの他に、自動倉庫や無人搬送機器などの物流システムを手掛けている。今回の地震で物流システムが被害を受けた企業も多いことから、修復・復興に向けた対応が求められることになろう。

(鶴見 昌憲 =東洋経済オンライン)

 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。