ルネサスエレクトロニクスは停止7工場のうち那珂工場を除く6工場を再開方針【震災関連速報】

ルネサスエレクトロニクスは停止7工場のうち那珂工場を除く6工場を再開方針【震災関連速報】

ルネサスエレクトロニクスは操業を停止している7工場のうち、那珂工場(茨城県ひたちなか市)を除く6工場は、電力が確保できしだい稼働を再開する方針であることを明らかにした。那珂工場は設備にも被害が及んでいるもようで、再開のメドはたっていない。

再開を予定しているのは、ウエハ上に回路を形成する前工程で津軽工場(青森県五所川原市)、鶴岡工場(山形県鶴岡市)、高崎工場(群馬県高崎市)、甲府工場(山梨県甲斐市)の4工場、前工程で作られたチップをパッケージに封入し製品として完成させる後工程で津軽工場(青森県鶴田町)、米沢工場(山形県米沢市)の2工場。

地震で稼働を停止した7工場のうち、那珂工場と鶴岡工場の2工場は300ミリウエハラインを擁する最先端の工場だった。

(長谷川 高宏 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT