三越伊勢丹は「営業を前提に」の姿勢【震災関連速報】

三越伊勢丹は「営業を前提に」の姿勢【震災関連速報】

仙台三越(宮城県仙台市青葉区一番町)が東日本大震災で被災した三越伊勢丹ホールディングス。同店は被害状況を調査中であり、営業再開は未定となっている。

ほか首都圏9店のうち、三越日本橋本店、三越銀座店、伊勢丹新宿本店の3店を除く6店では、計画停電の影響を受けている。

きのう3月14日は、東京電力の計画停電発表を受け、6店を休業した。しかし、「食品を中心にデイリーに使用していただいているお客が多いことを鑑み、今日からは基本的に『営業をする』という姿勢を基本に据えている」(同社広報)。ただ、直前になって変わる停電計画に振り回されてもいる。

 例えばきょう15日、伊勢丹相模原店は10~13時まで計画停電という通知を受け、朝から待機していたが、結局停電がなかったため、前倒しで11時から開店した。一方で、伊勢丹松戸店は10時から開店していたが、12時20分から16時まで停電することが分かり、11時20分に本日の営業を終えた。

「館内にお客がいる間に電源が落ちてしまうということはあってはならない。また、パソコンやPOSレジ、空調機器などは、停電前に停止措置をほどこす必要がある。エレベーターやエスカレーターの用意もある。また、開店するにも、冷蔵庫や冷凍庫の中身をチェックし、停電による影響があれば廃棄しなくてはならない。開店するにも、閉店するにも、1~2時間の猶予が必要だ」(広報)。

ティファニーやカルティエなど、テナントによっては独自の判断で、一時休業するケースも出ている。

震災の影響が日に日に深刻さを増すなか、高額商品を買おうという消費者のインセンティブが高まるわけもない。百貨店業界にとって本当の大変さは、これから始まる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT