有料会員限定

紆余曲折を経て開業、西九州新幹線「期待と懸念」 歓迎ムードに沸く地域と懐疑的な街の温度差

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小

乗り換え必須の「リレー方式」はいつまで続くのか。

西九州新幹線かもめの出発式
長崎駅での「かもめ」1番列車出発式(写真:JR九州)

特集「岐路に立つ鉄道」の他の記事を読む

計画決定から約半世紀、ついに長崎に新幹線がやってきた。9月23日、西九州新幹線の開業日。長崎駅発の1番列車は、6時17分発の「かもめ2号」だ。1カ月前に発売開始した指定席券はわずか10秒で売り切れた。真新しい車体の「かもめ」は、一日駅長を務める長崎県出身のタレント・長濱ねるさんらの出発合図で、早朝の長崎の街を後に走り出した。

車体の側面に光る行き先は「博多」。だが、この列車の本当の終点は所要時間30分足らずの武雄温泉駅だ。博多方面へは同じホームの向かい側に停まる在来線特急「リレーかもめ」に乗り継ぐ対面乗り換え方式となる。西九州新幹線は長崎─武雄温泉間約66キロメートルで新幹線としては全国一短く、ほかの新幹線ともいっさいつながっていない「離れ小島」の路線だからだ。

次ページ歓迎に沸く沿線の街
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
岐路に立つ鉄道
歓迎ムードに沸く地域と懐疑的な街の温度差
仙台以北の鉄道貨物が消滅する可能性も?
1973年に決定された全国11の「基本計画線」
復旧できず不通のまま廃線になるケースも
JR旅客6社「平均通過人員」1000人未満の線区
今や全国約1200カ所、民間が隣接ホテルも展開
JR3島会社に打撃、高速バスとは連携の動きも
事業者の「自助努力」での維持には限界がある
「民間に任せているだけでは今後厳しくなる」
車両やダイヤなど、資産と知見をフルに活用
運賃改定のほか「バリアフリー料金」上乗せも
人口減少時代の交通機関、国全体で考える必要
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内