有料会員限定

在来線は太刀打ちできず?高速道路が脅かす鉄道 JR3島会社に打撃、高速バスとは連携の動きも

✎ 1〜 ✎ 6 ✎ 7 ✎ 8 ✎ 最新
拡大
縮小

各地で進む高速道路の延伸。今やJR路線網の半分に迫る。

高速道路
全国に延びる高速道路は重要な交通インフラだ(写真:時事通信フォト)

特集「岐路に立つ鉄道」の他の記事を読む

東海道新幹線とほぼ同時期に開業し、その後日本各地へと路線を延ばした高速道路。今やその総延長は9000キロメートルを超え、JR線の総延長約2万キロメートルの半分に迫る勢いだ。モータリゼーションの進展とともに鉄道離れが進んだ地方では、都市間交通の主力は高速道路だ。マイカーだけでなく、高速バスも鉄道を脅かす存在となっている。

次ページ40年以上前に立場は逆転
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
岐路に立つ鉄道
歓迎ムードに沸く地域と懐疑的な街の温度差
仙台以北の鉄道貨物が消滅する可能性も?
1973年に決定された全国11の「基本計画線」
復旧できず不通のまま廃線になるケースも
JR旅客6社「平均通過人員」1000人未満の線区
今や全国約1200カ所、民間が隣接ホテルも展開
JR3島会社に打撃、高速バスとは連携の動きも
事業者の「自助努力」での維持には限界がある
「民間に任せているだけでは今後厳しくなる」
車両やダイヤなど、資産と知見をフルに活用
運賃改定のほか「バリアフリー料金」上乗せも
人口減少時代の交通機関、国全体で考える必要
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内