スノーピーク「社長辞任」の直前に迎えていた転機 梨沙氏就任後初の下方修正、再値上げ見送りも

拡大
縮小
スノーピークの社長を辞任した山井梨沙氏
スノーピーク社長を辞任した山井梨沙氏(右)。突然の辞任が話題を呼んだが、その前から会社は転機を迎えていた(撮影:今井康一)

コロナ禍でも快走を続けてきた高収益企業が、曲がり角を迎えている。

アウトドア用品の製造・販売を行うスノーピークは9月21日、社長である山井梨沙氏の辞任を発表した。リリースによると、本人から「既婚男性との交際及び妊娠を理由として、当社及びグループ会社の取締役の職務を辞任したいとの申し出」があったという。同日付で、梨沙氏の父である山井太会長が社長を兼任する人事も発表された。

梨沙氏は2020年3月、太会長の後任として32歳でスノーピークの社長に就任した。創業家3代目、アパレルデザイナー出身の若手女性社長。そうした肩書が注目を集め、社長就任後はインタビューなどメディアへの露出も多かった。

コロナ禍で上方修正を連発していた

突然の辞任劇が大きな話題を呼んだ背景には、前代未聞の辞任理由と梨沙氏自身のキャラクターに加え、この数年快進撃を続けていたスノーピークのブランドイメージの強さもあるだろう。

梨沙氏が社長に就いた2020年3月は、新型コロナの感染拡大が始まったばかりの頃。就任して間もなく、2020年12月期の業績予想を撤回して「未定」とするなど、先行きの見えない中でのスタートだった。

しかし、その後のスノーピークの業績はまさにうなぎ上り。コロナ禍で「3密」を避けられるアクティビティとしてキャンプなどのアウトドアが一躍ブームとなり、新たにキャンプを始める人が増加した。高級品に強みを持つスノーピークでは、2018年頃からキャンプ初心者にターゲットを絞った商品提案や売り場展開を強化していたことも奏功して、ファン層が一気に拡大した。

2020年と2021年は業績予想の上方修正を連発し、過去最高純益を連続で更新した。

次ページ今年の夏に様子が一変
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT