アンリツは福島原発の避難命令受け生産回復計画見直し、被害から復旧し始めた矢先

アンリツは福島原発の避難命令受け生産回復計画見直し、被害から復旧し始めた矢先

通信機器メーカー、アンリツは東京電力・福島第一原発の事故を受け、福島県郡山市の生産子会社・東北アンリツの操業再開計画が見直しとなったことを明らかにした。

東北アンリツは第一原発から約50キロ離れた場所に位置する。原発事故を受けた避難命令は。30キロ圏内に対するものだが、避難必要圏に居住する従業員もいるため、15日は操業を停止し従業員を帰している。

東北アンリツは震災を受け、最上階の天井部と一部の配管を損傷。だが復旧作業を進め、14日から計測器を中心に順次生産を開始。一週間程度で完全復帰にほぼメドがつくと見られていた。

現時点では原発の動向次第で身動きが取れない状況だ。この問題が長引けば、納品に支障を来すことになりかねず、収益への影響も懸念される。

(小長 洋子 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。