日本の起業家の「グローバル化」は定着するか

SLUSH ASIA、新経済サミットが目指すもの

新経済連盟は「新経済サミット」として世界のビッグネームの集まる大規模イベントを開催します。4月7、8日の2日間で、会場はホテルニューオータニです。

「Hello Future!!」をテーマに世界の著名経営者・起業家が集まります。基調講演はプライベートエクイティ投資のグローバルリーダーであるKKRの「R」、パートナーのジョージ・ロバーツ氏、ドロップボックスのドリュー・ヒューストン氏、ノーベル賞受賞の山中伸弥教授。Evernoteのフィル・リービン氏、Airbnbのネイサン・ブレチャージク氏や、Houzz、Drone Deploy、Boxなど話題のベンチャーの経営者も登壇します。

日本のベンチャー起業家も登壇

また、「日本ベンチャー大賞」内閣総理大臣賞を受賞したユーグレナの出雲充氏や、経済産業大臣賞のコイニーの佐俣奈緒子氏、特別賞のクラウドワークスの吉田浩一郎氏のパネルセッションもあります。(日本ベンチャー大賞については、「首相が表彰!「日本ベンチャー大賞」とは?」を参照)

モバイルゲームの覇権について、グリーの田中良和氏、gumiの国光宏尚氏とROVIO(アングリーバード)の代表が語るセッションや、日本におけるIoT先駆者であるCerevo、イクシー、ABBLABのセッションも開催されます。

ピッチイベントでは、世界を目指すベンチャー、既存パラダイムの破壊者を目指すスタートアップが、August Capital、FLOODGATEといった本場シリコンバレーの名門キャピタルを前にプレゼンテーションをします。

世界的な成長企業の経営者が、講演やパネルなどでその経営戦略や想いを語る、若手ベンチャーがビジネスの夢を語る、ベンチャー経営者、若手起業家、大企業の経営者や新事業担当者など多くの参加者の国境を越えたネットワーキングが広がる、日本のベンチャーシーンを大きく盛り上げるイベントになります。

次ページ日本の起業家のグローバル化は定着するか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT