ドトール・日レスは東北地域中心に約100店で営業停止、メニュー限定店舗も数店存在【震災関連速報】

ドトール・日レスは東北地域中心に約100店で営業停止、メニュー限定店舗も数店存在【震災関連速報】

コーヒー店「ドトールコーヒー」やパスタ店「洋麺屋五右衛門」を手掛けるドトール・日レスホールディングス(以下、ドトール・日レスHLD)は、東日本大震災の影響により、東北地域中心に約100店(全約1900店)で営業を停止している。一部商品の納品が出来ない状況から、メニューを限定している店舗も数店存在する。

営業を停止している店舗のうち、震災被害が甚大な太平洋側東北地域の約60店は、「店舗の損壊事例は少ないが、再開メドがわからない」(ドトール・日レスHLD)としている。比較的震災のダメージが小さい関東圏約40店については、「電力・ガスなどのライフラインが復旧し次第、早期に営業再開が出来る」(同)見通しだ。

現在断続的に行われている計画停電に関しては、実施中、該当する店舗の営業を一時休止する。その場合、各地域の計画停電時刻に合わせ、「営業開始時間を遅らせること、営業時間を短縮すること、一時休業することが想定される」(ドトール・日レスHLD)という。営業中の店舗では、電力の恒常的な不足を鑑み、節電も行う。具体的には、店舗看板及び間接照明などを一部消灯し、エアコンの設定温度を調整する。

(二階堂 遼馬 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT