ドトール・日レスは東北地域中心に約100店で営業停止、メニュー限定店舗も数店存在【震災関連速報】

ドトール・日レスは東北地域中心に約100店で営業停止、メニュー限定店舗も数店存在【震災関連速報】

コーヒー店「ドトールコーヒー」やパスタ店「洋麺屋五右衛門」を手掛けるドトール・日レスホールディングス(以下、ドトール・日レスHLD)は、東日本大震災の影響により、東北地域中心に約100店(全約1900店)で営業を停止している。一部商品の納品が出来ない状況から、メニューを限定している店舗も数店存在する。

営業を停止している店舗のうち、震災被害が甚大な太平洋側東北地域の約60店は、「店舗の損壊事例は少ないが、再開メドがわからない」(ドトール・日レスHLD)としている。比較的震災のダメージが小さい関東圏約40店については、「電力・ガスなどのライフラインが復旧し次第、早期に営業再開が出来る」(同)見通しだ。

現在断続的に行われている計画停電に関しては、実施中、該当する店舗の営業を一時休止する。その場合、各地域の計画停電時刻に合わせ、「営業開始時間を遅らせること、営業時間を短縮すること、一時休業することが想定される」(ドトール・日レスHLD)という。営業中の店舗では、電力の恒常的な不足を鑑み、節電も行う。具体的には、店舗看板及び間接照明などを一部消灯し、エアコンの設定温度を調整する。

(二階堂 遼馬 =東洋経済オンライン)

人気記事
トピックボードAD
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 中原圭介の未来予想図
  • トクを積む習慣
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。