クボタは5工場中4工場の操業再開へ、小型建設機械など総額5億円の支援を決定

クボタは5工場中4工場の操業再開へ、小型建設機械など総額5億円の支援を決定

クボタは、11日に起こった東日本大震災の影響を受け、操業停止している5工場のうち、4工場が16日から順次操業を再開する見通しを明らかにした。

竜ヶ崎工場(茨城県竜ヶ崎市)は16日、筑波工場(茨城県つくば市)と京葉工場(千葉県船橋市)、宇都宮工場(栃木県宇都宮市)は17日に操業を再開する。鋼管杭など製造の京葉工場(千葉県市川市)については、設備が破損した影響で、現時点では再開のメドがたっていない。

また14日、益本康男会長兼社長を本部長とする支援・復興対策本部を設置し、被災地へのクボタの建設機械20台(オペレーター派遣含む)など総額5億円の支援を決定した。提供するミニバックホー(小型の油圧ショベル)は、瓦礫の撤去や、復興に際しての住宅の建設作業での利用を見込んでいる。今後、救援活動の進捗に応じ、製品の提供や人的支援を強化していく方針だ。

(前野 裕香 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。