ダイキン工業は茨城の拠点操業を停止、再開メドたたず【震災関連速報】

ダイキン工業は茨城の拠点操業を停止、再開メドたたず【震災関連速報】

ダイキン工業は東日本大震災の影響で、鹿島製作所(茨城県神栖市砂山)の操業を停止している。

フッ素化学製品等の製造拠点である鹿島製作所は、震災後の停電により操業を停止した。約120人の従業員のうち、40~50人程度が保安等のために出勤しているが、現在も操業を停止した状態。子会社でである日本無機の結城工場(茨城県結城市大字結城作)も、停電により操業を停止している。いずれの工場も、再開のメドはたっていない。

ダイキンは国内では関西を中心に生産を行っているため、一部、東日本方面から関西圏の工場への部品調達に遅延が見られるもよう。今後の対応策を検討している。

(前野 裕香 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 北朝鮮ニュース
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。