ダイキン工業は茨城の拠点操業を停止、再開メドたたず【震災関連速報】

ダイキン工業は茨城の拠点操業を停止、再開メドたたず【震災関連速報】

ダイキン工業は東日本大震災の影響で、鹿島製作所(茨城県神栖市砂山)の操業を停止している。

フッ素化学製品等の製造拠点である鹿島製作所は、震災後の停電により操業を停止した。約120人の従業員のうち、40~50人程度が保安等のために出勤しているが、現在も操業を停止した状態。子会社でである日本無機の結城工場(茨城県結城市大字結城作)も、停電により操業を停止している。いずれの工場も、再開のメドはたっていない。

ダイキンは国内では関西を中心に生産を行っているため、一部、東日本方面から関西圏の工場への部品調達に遅延が見られるもよう。今後の対応策を検討している。

(前野 裕香 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 内田衛の日々是投資
  • ルポ「ホームレス」
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。