パナソニック、役員の人数を増やしたワケ

ピアニストとして活躍する女性役員も誕生

パナソニックが発表した取締役・役員人事では、ポスト津賀体制を見据えた若手抜擢に加え、BtoB事業へのシフトを意識した顔ぶれとなった(写真は津賀一宏社長、撮影:ヒラオカスタジオ)

2月27日、4月1日付の取締役・役員人事を発表したパナソニック。津賀一宏社長が2012年6月に就任してから3年目となる経営陣の顔ぶれは、ポスト津賀体制を見据えた若手抜擢と、現在進める法人向け事業(BtoB)シフトに向けた社内の融合という2点が色濃く反映された。

まず大きな変更があったのが、4つの社内カンパニーのトップ人事である。今回、白モノ家電を担当するアプライアンス(AP)社と、法人向けビジネスを担うAVCネットワークス(AVC)社の社長が同時に交代する。

進む「AV機器と白モノ家電の融合」

中でも注目されるのが、AP社の本間哲朗上席副社長の同社社長就任だ。本間氏は現在53歳。現役員の中では若手で、ポスト津賀社長の筆頭候補と言われる。

本間氏はAVC社出身。30代後半でデータの記録装置であるSDカードの標準規格の策定で頭角を現した。津賀社長の就任と同時に、本社の経営企画グループマネージャーに抜擢され、現行の中期経営計画の策定を担った。

AP社の現社長は、親分肌の高見和徳氏。高見氏は本社の副社長に昇任する。実はAP社は現在、高見氏以外の社内役員はすべてAP社出身でなく、AVC社出身者で占められる。AVC社はもともとテレビやパソコンといったAV機器を抱え、歴代社長を輩出してきた名門。しかし、テレビの低迷を機に、現在BtoB事業を担うカンパニーへと大きく変貌している。

一方でAP社も現在、事業構造を大きく変えている。2014年、テレビや音響機器といったAV機器事業をAVC社から移管。白物家電とAV機器が融合するスマート家電の時代を見据えている。そこでAVC社出身者から複数の幹部を登用しているのだ。

今回生え抜きの高見氏から本間氏にAP社の社長が交代したことで、トップも含め幹部がAVC社出身者で占められることになる。これはパナソニックが目指す、「AV機器と白モノ家電の融合」の象徴的な動きと言える。一方、本間氏の就任は、ポスト津賀を見据えた抜擢との見方もできる。AVC社とAP社の社内風土は、まったく違うと言われる。そこで本間氏が生え抜きのAP社社員をどうマネジメントしていくか、経営者としての資質を試されることになる。

次ページそのほかに注目を集めた人事は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT