富士通は2工場で停電回復、全社では従業員数人の安全確認取れず【震災関連速報】

富士通は2工場で停電回復、全社では従業員数人の安全確認取れず【震災関連速報】

富士通は東日本大震災により操業停止中の2工場で、限定的ながら停電が解消したことを明らかにした。富士通セミコンダクター岩手工場(岩手県胆沢郡金ヶ崎町)と富士通インテグレーテッドマイクロテクノロジ宮城工場(宮城県柴田郡村田町)で、14日夕方、電灯がつく程度の電力が回復したため、損傷等の点検を開始した。引き続き操業は停止している。

なお、グループ全体で依然、従業員数人の安否確認が取れていないという。

(小長 洋子 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。