富士通は2工場で停電回復、全社では従業員数人の安全確認取れず【震災関連速報】

富士通は2工場で停電回復、全社では従業員数人の安全確認取れず【震災関連速報】

富士通は東日本大震災により操業停止中の2工場で、限定的ながら停電が解消したことを明らかにした。富士通セミコンダクター岩手工場(岩手県胆沢郡金ヶ崎町)と富士通インテグレーテッドマイクロテクノロジ宮城工場(宮城県柴田郡村田町)で、14日夕方、電灯がつく程度の電力が回復したため、損傷等の点検を開始した。引き続き操業は停止している。

なお、グループ全体で依然、従業員数人の安否確認が取れていないという。

(小長 洋子 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT