富士通は2工場で停電回復、全社では従業員数人の安全確認取れず【震災関連速報】

富士通は2工場で停電回復、全社では従業員数人の安全確認取れず【震災関連速報】

富士通は東日本大震災により操業停止中の2工場で、限定的ながら停電が解消したことを明らかにした。富士通セミコンダクター岩手工場(岩手県胆沢郡金ヶ崎町)と富士通インテグレーテッドマイクロテクノロジ宮城工場(宮城県柴田郡村田町)で、14日夕方、電灯がつく程度の電力が回復したため、損傷等の点検を開始した。引き続き操業は停止している。

なお、グループ全体で依然、従業員数人の安否確認が取れていないという。

(小長 洋子 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT