AppleWatchは、車のキー代わりにも

ティム・クックCEOが英紙インタビューで

 2月27日、アップルのクックCEOは「アップル・ウォッチ」について、車のキーとして機能する可能性があると語った。写真はカリフォルニア州で昨年9月撮影(2015年 ロイター/Stephen Lam)

[27日 ロイター] - 米アップルのクック最高経営責任者(CEO)は、4月に発売予定の腕時計型ウエアラブル端末「アップル・ウォッチ」について、車のキーとして機能する可能性があると語った。

クックCEOは英テレグラフ紙とのインタビューで、車のキーや大半の車両で使用されている大型のキーフォブに取って代わるようデザインされていると語った。

また、アップル・ウォッチのバッテリーの持続時間はほぼ1日で、充電時間は「iPhone(アイフォーン)」よりも短いとした。

同CEOはさらに、同社の電子決算サービス「アップル・ペイ」を通じ、アップル・ウォッチがクレジットカードの役割を果たすこともできると述べた。ただ、ウォッチ上でどのようにユーザー検証が行えるかどうかについては明確にしなかった。

ユーザーの行動を追跡する機能については、ずれはわずか50ミリ秒程度とした。

アップルからコメントは得られてない。

同社は3月9日に開催するメディア・イベントで、アップル・ウォッチを発表する見通し。

*内容を追加して再送します。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT