カタール航空、なぜ日本撤退説が流れたのか

羽田-ドーハ線の制約とエミレーツの影

またエミレーツ航空に対抗すべく、サッカーのスペインリーグ「リーガエスパニョーラ」の強豪FCバルセロナと2013-2014シーズンから3シーズンのスポンサー契約を締結している。かつてはトルコ航空がFCバルセロナとスポンサー契約をしていたが、条件的に上回ったことが想像できる。

エミレーツ航空は、同じくスペインリーグのレアルマドリード、イタリアリーグ「セリエA」で本田圭佑選手が所属するACミランをはじめ、イギリス「プレミアリーグ」のアーセナルにおいてはスポンサー契約に加えてスタジアムの命名権(エミレーツスタジアム)を獲得している。ヨーロッパ各リーグの人気チームを複数スポンサードしているが、カタール航空はFCバルセロナに集約しており、FCバルセロナの選手が総出演のカタール航空のテレビコマーシャルのインパクトは大きい。

このコマーシャルが、カタール航空の知名度を世界的に上げたことは間違いない。本拠地であるドーハ・ハマド国際空港の大型ビジョンでも、エースであるメッシ選手を中心に、FCバルセロナの選手がカタール航空のビジネスクラスに座るシーンが頻繁に流されており効果も絶大であるが、一部海外メディアの報道によると、将来的にはFCバルセロナの本拠地であるカンプノウの命名権をカタール航空で取得するのではないかという動きもあるようだ。

敵はエミレーツだけではない

ただ、中東エアラインという観点で見ても、カタール航空の敵はエミレーツ航空だけではない。同じくUAEのアブダビ空港を拠点とするエティハド航空も侮れない。総2階建て飛行機のエアバスA380型機を積極的に投入し、マンションの1室のような居住空間のファーストクラス「ファースト・アパートメント」を設定。保有機材数も2020年までに150機以上に拡大し、新ターミナルも2017年にオープンする予定であるなど、カタールにとって脅威の一つになりそうだ。

カタール航空にとって、日本撤退説の根拠として報道された羽田の発着時間の制限は、日本路線の課題として残り続ける。「日本からは撤退しない」と強く表明したことを盾にして、カタール政府も巻き込み、今後、日本政府へ何らかの要望を求めることがあるかもしれない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT