バーバリーは三陽商会から離れて勝てるのか

蜜月関係を終えたあとに待ち受ける試練

バーバリーのフラッグシップストア、丸の内店

日本で展開する外資系ファッションブランドとして、ルイ・ヴィトンに次ぐ売り上げを誇るとされる英国バーバリー。知名度、人気度でトップクラスのブランドと、過去半世紀にわたって続いてきたアパレル大手、三陽商会との“蜜月関係”の終わりが近づいています。2015年6月に、三陽商会によるバーバリーブランド製品のライセンス生産・販売が終了するのです。

同時に、関連ブランドであり、日本独自に三陽商会が展開してきた「バーバリー・ブルーレーベル」「バーバリー・ブラックレーベル」のライセンス生産・販売も打ち切られます。日本におけるバーバリーというブランドは今後、どうなっていくのでしょうか。なぜ、こんなことになってしまったのか。これまでの歴史を振り返りつつ、改めて整理してみましょう。

ターゲット不在の時代からプレミアムブランドへ

そもそも欧州と日本ではバーバリーというブランドの成長過程はまったく違います。バーバリーをはじめ、ルイ・ヴィトン、エルメスなどラグジュアリーブランドと言われるブランドは、ハイクラスの人が持つ製品であり、それを知る若者がいつかは自分も所有できる大人(富裕層の仲間入り)になりたいと憧れる性質のものです。欧州では何世紀もの時間をかけてブランドとして醸成された歴史があり、特にバーバリーといえばコートの歴史そのものといえます。

一方、日本におけるバーバリーについては、1915年に丸善がいわゆる「バーバリーコート」の輸入を開始。その後、1970年に今の三陽商会がライセンス契約で製造・販売を始め、本格的に導入されます。しかしながら、もともとの歴史はあっても「重厚で高額」というだけで、特別ファッショナブルでもなく、正直言えばいったい「誰が着ることを想定しているのか」もはっきりしないようなコートブランドとしての時代が続いていました。

次ページあの人気歌手の起用で一変
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT