ツルハHDは90店が被害、うち25店は原発避難指令で営業不可能状態【震災関連速報】

ツルハHDは90店が被害、うち25店は原発避難指令で営業不可能状態【震災関連速報】

北海道を地盤とするドラッグストア、ツルハホールディングスは、東日本巨大地震の影響によって、東北地方6県、茨城県内で展開する90店舗が営業停止となっている。そのうち、25店舗は東京電力・福島原子力発電所周辺の避難指令を受けて、営業ができていない。

ツルハHDの店舗は940店。全体の1割が地震の被害を受けていることになる。業績への影響は避けられない見込みだ。

東北地方では道路や電力などインフラの復旧が困難な地域もあり、物流網が通常化するメドは立っていない状態。会社側は「従業員の安否確認や営業情報の収集など、最善の手をつくしている」としている。

(島田 知穂 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。