NTTドコモの通信規制続く。宮城県では、依然大規模の通信障害も【震災関連速報】

NTTドコモの通信規制続く。宮城県では、依然大規模の通信障害も【震災関連速報】

移動体通信最大手、NTTドコモでは、11日の東日本大震災の発生直後から、断続的な通信規制を続けている。通話による通信量の増大がインフラ設備を圧迫しているためだ。

規制対象は震源地に近い東北地方のみならず、関東も含む。休日だった13日までは一時的に規制が解除されていた地域もあったが、14日から平日となり、ふたたび通信量の増大が予想されることから、東北、関東ともに最大70%の規制(7割の通話がつながらない設定)を行っている。こうした措置は当面続きそうだ。

また14日午前時点で、約3200局の基地局が停電や設備破損で機能していない状態にある。宮城県内だけに限定すると、全1200局のうち1090局が使えない状態で、依然大規模な通信障害が発生しているもようだ。

対策として、ドコモでは基地局が機能していない場所でも通信が可能となる移動基地局車30台を現地に派遣している。今日中にも稼働し始める予定だ。

(桑原 幸作 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。