TAIYOは空圧機器工場で被災も軽微。16日からの一部生産復旧目指す【震災関連速報】

TAIYOは空圧機器工場で被災も軽微。16日からの一部生産復旧目指す【震災関連速報】

油圧シリンダー国内首位のTAIYOは空圧機器を生産する筑波工場(茨城県下妻市)が一部被災し、週明け14日は生産停止を余儀なくされた。ただ被害は軽微で、16日にも一部生産を再開する見込みだ。

11日の震災後、13日になってようやく停電状態が解消し、工場内部で工具等の散乱や加工設備の位置のずれなどを確認。14日に建屋の安全確認と設備・装置の調整等の復旧作業に取りかかり、15日からは在庫品の発送ができるようにする予定だ。翌16日には、一部生産再開にこぎつけたい構え。

会社側の懸念材料は、むしろ計画停電の行方。TAIYOの空圧機器はニッチ戦略で鉄道車両向けなどで100%近いシェアを握っており、納期の遅れなど供給責任の面からも東電の出す停電情報の混乱に困惑している。

(内田 史信 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。