スターバックスは東北地方中心に約50店が営業停止。関東圏では営業時間を一部短縮【震災関連速報】

スターバックスは東北地方中心に約50店が営業停止。関東圏では営業時間を一部短縮【震災関連速報】

コーヒー店「スターバックス」を手掛けるスターバックスコーヒージャパンは、東日本大震災の影響により、東北地方の太平洋側を中心に約50店が営業停止となっている。関東・甲信越地方では、一部店舗の営業時間を短縮している。

電力・ガス・水道等のライフラインが停止したほか、交通網の遮断により従業員が通勤できない状態となっていることが要因だ。営業再開のメドは、「震災の影響が比較的小さい岩手県北部などを除き、ほとんど見通しが立っていない」(ファイナンス&アドミニストレーション統括オフィサーの北川徹氏)。営業時間を短縮している関東・甲信越地方の一部店舗については、「今後計画停電の実施が見込まれるため、通常営業への復帰時期はわからない」(北川氏)という。

同社は2月末で全国に868店を展開しており、仮に東北地方で一部損壊の激しい店舗を撤去したとしても、業績への影響は軽微と見られる。今後の出店戦略も、「需要開拓余地の大きい東北をはじめ、地方中心に行う方針に変更はない」(北川氏)としている。

(二階堂 遼馬 =東洋経済オンライン)

人気記事
トピックボードAD
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 中原圭介の未来予想図
  • トクを積む習慣
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。