安川電機の入間工場は被害は軽微で無事に操業再開【震災関連速報】

安川電機の入間工場は被害は軽微で無事に操業再開【震災関連速報】

サーボモーターやインバーター、産業用ロボットを手掛ける安川電機の入間事業所(埼玉県入間市)は、11日の東日本大震災で窓ガラスにひびが入るなどの被害を受けたものの、安全を確認したうえで、14日中に操業を再開した。

従業員については全員の安否を確認。ただ、電力供給制限による交通機関の乱れによって、通勤への影響が出ているという。

仙台、札幌の営業所でも従業員の無事を確認した。電気、水道のストップなどライフラインの停止による影響は受けたが、人的被害はなかった。

本社と主力工場は北九州市にあるため、今回の大震災による影響は比較的軽微となる見込み。ただ、中長期的には今後は部品調達への影響なども焦点になりそうだ。

(小河 真与 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。