扶桑薬品工業の茨木工場の自動倉庫が停止、透析関連製品の供給にひっ迫も【震災関連速報】

扶桑薬品工業の茨木工場の自動倉庫が停止、透析関連製品の供給にひっ迫も【震災関連速報】

扶桑薬品工業は14日、東日本大震災により茨城県北茨城市にある茨城工場の自動倉庫が一部損傷し、停止状態となっていると発表した。茨城工場は、透析剤や血液・体液用液などの人工透析関連製品を生産している。他工場での生産品は緊急出荷でカバーしているが、同工場のみの生産品は市中在庫を残すのみとなっている。現在も余震と停電が続いているため、被害状況の確認ができていない。

茨城工場のみで生産しているのは「サブラッド血液ろ過補充液」。通常の人工透析には使用しないが、腎不全に合併症などを発症している場合に使う、という。停電によって自動倉庫が稼働せず、手作業で搬出しており、現時点で復旧の見通しは立っていない。同社は慢性腎不全患者への治療に先立って、当面は急性期の治療に優先使用することを呼び掛けている。なお「キンダリー透析剤」については、地震発生後に岡山工場から出荷を開始しており、医療機関の需要に応える見込みになっている模様だ。

(鶴見 昌憲 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT