パナソニックでは東北、北関東に保有するデジカメ等4工場が操業停止、生産再開は当面先か【震災関連速報】

パナソニックでは東北、北関東に保有するデジカメ等4工場が操業停止、生産再開は当面先か【震災関連速報】

総合電機大手のパナソニックは、11日に発生した東日本大震災の影響で、東北、北関東に保有する複数の工場が操業停止に追い込まれた。現時点で、パナソニックが被災した生産工場はグループのパナソニック電工、三洋電機含めて以下の4拠点。操業再開のメドは現時点では立っていない。

福島工場(デジタルカメラ「LUMIX(ルミックス)」組み立て):福島県福島市太平寺
 仙台工場(光ピックアップ) :宮城県名取市増田
 パナソニック電工(電子材料):福島県郡山市石塚
 三洋電機(冷蔵庫他白物):群馬県巴楽群大泉町

なかでもパナソニックのAVCネットワークス部門が保有する福島工場と仙台工場は被害が大きい。余震の影響もあり、現在も工場敷地内に立ち入りできない状況が続いている。安否確認もできていない従業員も若干名存在する。

仙台工場で作られる光ピックアップは、主として自社製品のBD(ブルーレイディスク)・DVDに搭載される。このため、生産停止が長期化すれば在庫が払底し同社のノートパソコン「レッツノート」やブルーレイ・DVDレコーダー「DIGA(ディーガ)」の供給も滞るおそれがある。社外サプライヤーから調達する部品も、今後調達難が表面化するリスクがある。

未曾有の大地震を受け、パナソニックは3月12日朝、大坪文雄社長を本部長とする全社緊急対策本部を設立。大坪社長のトップダウンで被害状況の把握と今後の対策を練る。すでに発表した3億円の義捐金、ラジオなど物資提供などの復興支援にも注力する。 

(西澤 佑介 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT