パナソニックでは東北、北関東に保有するデジカメ等4工場が操業停止、生産再開は当面先か【震災関連速報】

パナソニックでは東北、北関東に保有するデジカメ等4工場が操業停止、生産再開は当面先か【震災関連速報】

総合電機大手のパナソニックは、11日に発生した東日本大震災の影響で、東北、北関東に保有する複数の工場が操業停止に追い込まれた。現時点で、パナソニックが被災した生産工場はグループのパナソニック電工、三洋電機含めて以下の4拠点。操業再開のメドは現時点では立っていない。

福島工場(デジタルカメラ「LUMIX(ルミックス)」組み立て):福島県福島市太平寺
 仙台工場(光ピックアップ) :宮城県名取市増田
 パナソニック電工(電子材料):福島県郡山市石塚
 三洋電機(冷蔵庫他白物):群馬県巴楽群大泉町

なかでもパナソニックのAVCネットワークス部門が保有する福島工場と仙台工場は被害が大きい。余震の影響もあり、現在も工場敷地内に立ち入りできない状況が続いている。安否確認もできていない従業員も若干名存在する。

仙台工場で作られる光ピックアップは、主として自社製品のBD(ブルーレイディスク)・DVDに搭載される。このため、生産停止が長期化すれば在庫が払底し同社のノートパソコン「レッツノート」やブルーレイ・DVDレコーダー「DIGA(ディーガ)」の供給も滞るおそれがある。社外サプライヤーから調達する部品も、今後調達難が表面化するリスクがある。

未曾有の大地震を受け、パナソニックは3月12日朝、大坪文雄社長を本部長とする全社緊急対策本部を設立。大坪社長のトップダウンで被害状況の把握と今後の対策を練る。すでに発表した3億円の義捐金、ラジオなど物資提供などの復興支援にも注力する。 

(西澤 佑介 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。