日本航空電子の東北拠点の設備損害は皆無。ただ弘前拠点は停電により操業停止【震災関連速報】

日本航空電子の東北拠点の設備損害は皆無。ただ弘前拠点は停電により操業停止【震災関連速報】

車載用やデジタル家電用のコネクターを手がける日本航空電子は、東日本巨大地震の影響は軽微。東北拠点の弘前航空電子、山形航空電子ともに建物倒壊や設備損傷などはなく、人的被害も皆無だ。

山形拠点(山形県新庄市)は設備や建物の安全点検を完了。13日の朝より、順次操業を開始している。

弘前航空電子(青森県弘前市)も設備の損傷などはないが、東北電力からの電力供給が停止している状態。操業が停止している状態だ。電力が復旧し次第、操業を開始する見通しだ。

現在、会社側は「緊急災害対策本部」を立ち上げ、情報収集と対策に努めている。 

(伊藤 崇浩 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。