日本航空電子の東北拠点の設備損害は皆無。ただ弘前拠点は停電により操業停止【震災関連速報】

日本航空電子の東北拠点の設備損害は皆無。ただ弘前拠点は停電により操業停止【震災関連速報】

車載用やデジタル家電用のコネクターを手がける日本航空電子は、東日本巨大地震の影響は軽微。東北拠点の弘前航空電子、山形航空電子ともに建物倒壊や設備損傷などはなく、人的被害も皆無だ。

山形拠点(山形県新庄市)は設備や建物の安全点検を完了。13日の朝より、順次操業を開始している。

弘前航空電子(青森県弘前市)も設備の損傷などはないが、東北電力からの電力供給が停止している状態。操業が停止している状態だ。電力が復旧し次第、操業を開始する見通しだ。

現在、会社側は「緊急災害対策本部」を立ち上げ、情報収集と対策に努めている。 

(伊藤 崇浩 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT