バブルを起こせなくなった投機家たち

いま金融市場で何が起きているのか(下)

しかし、「バブルは最後は崩壊するではないか。それは、何らかの軸に引き戻されているのではないのか?」という疑問があろう。

いや、やはり、軸はないのだ。軸はないが、浮かび続けた飛行船は、燃料切れで墜落するのだ。燃料切れを待つしか、バブルを適正に戻すすべはないのだ。

気流によっては、どこまでも行ってしまうこともある。気流が悪くても、燃料をふかし続ければ、燃料を大量に供給し続ければ、それは無限と思われるぐらいまで飛んで行ってしまい、二度と地上には戻ってこないかもしれないのだ。実は、地球には引力があるわけだが、引力という軸もない金融市場においては、地上まで落ちてくるとは限らない。

さて、燃料とは、量的緩和である、と行けば、話はここで終わってすっきりするのだが、他の燃料が燃えるのを支えるモノではあっても、実は量的緩和自体は、たき火に火をつけるときの新聞紙、あるいは、途中で消えかかったときの新聞紙追加にすぎない。

量的緩和は、「メイン燃料」にはなりえない

量的緩和が、普通の大幅金融緩和と異なるのは、長期国債を実際に買い、場合によっては、不動産や株までも実際に買うから、実弾投入となるからで、それは燃料の一部となる。しかし、本質的には、金融緩和とは、投資あるいは投機を刺激するだけのものであるから、実際のメイン燃料がなければ、炎を持続させることはできない。

なぜなら、金融緩和をしたとしても、それは現金と短期国債の交換に過ぎず、国債を売りさばいて現金を手に入れた投資家(銀行を含む)が、次にその燃料を投入しなければいけないからであり、ベースマネーが増えても、マネーサプライ全体が増えない、というような状況は、新聞紙だけを燃やしているたき火のようなモノである。

では、燃料とは何か。投資家たちの資金であり、投資意欲である。アニマルスピリット!と叫ぶ人もいるかもしれないが、アニマルスピリットとは、みな定義を間違っているし、その議論をするのは無駄なので、「投機で儲けたい欲望」、と言っておいた方がいいだろう。

つまり、投資資金と欲望の続く限り、バブルは続くのである。

だから、実体経済と無関係なのだ。

現在の状況は、バブル崩壊後、投資意欲はなくなったが、投資資金を残した投機家たちが、金融市場に群がって、リスクを取らずに、しかし儲けようと右往左往している状況である。

そこに助け船を出したのが、量的緩和で、みんなが同じ方向に動くのであれば、上げる方向だよと、シグナルあるいは号砲を放った。そして、自らも新聞紙、いや実弾、いや資産買い入れ政策を行い、実際に買った。

だから、金融市場における資産価格は暴騰した。皆が、買う方向で団結したからである。それが、当初の米国国債であり、それが欧州国債、新興国国債となり、利幅を稼ぎ、その余力で、株式になだれ込んできた。そして、実体経済は、この動きと無関係に立ち直ってきたから、株式に投資するのは、伝統的な理論から言っても合理的となった。そして、さらに株式は上昇した。

次ページ「新聞紙」はもういらない
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT