日立製作所の被害詳報、茨城県などの6工場が損傷、ライフライン寸断で操業停止中【震災関連速報】

日立製作所の被害詳報、茨城県などの6工場が損傷、ライフライン寸断で操業停止中【震災関連速報】

日立製作所が東日本大震災で受けた影響の詳細が判明した(第一報を14日昼に配信済み)。茨城県や福島県にある6工場で建物の一部が倒壊したり、屋根、外壁が落下するなどの被害が出ている。6工場はライフラインが復旧していないため、いずれも操業を停止している。グループの社員では、24人が軽傷を負い、2人が骨折したという。

建屋や生産設備が損傷したのは、次の6拠点。日立製作所電力システム社日立事業所(茨城県日立市)、同都市開発システム社水戸事業所(茨城県ひたちなか市)、同情報制御システム社大みか事業所(茨城県日立市)、日立アプライアンス多賀事業所(茨城県日立市)、日立オートモティブシステムズ佐和事業所(茨城県ひたちなか市)、同福島事業所(福島県伊達郡)。

詳しい被害状況はライフラインが復旧しだい確認する方針で、操業再開のメドはたっていない。

明日以降の対応は未定だが、東京電力の計画停電区域にある事業所の中には休業を検討しているところもあるという。

(長谷川 高宏 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT