日立製作所の被害詳報、茨城県などの6工場が損傷、ライフライン寸断で操業停止中【震災関連速報】

日立製作所の被害詳報、茨城県などの6工場が損傷、ライフライン寸断で操業停止中【震災関連速報】

日立製作所が東日本大震災で受けた影響の詳細が判明した(第一報を14日昼に配信済み)。茨城県や福島県にある6工場で建物の一部が倒壊したり、屋根、外壁が落下するなどの被害が出ている。6工場はライフラインが復旧していないため、いずれも操業を停止している。グループの社員では、24人が軽傷を負い、2人が骨折したという。

建屋や生産設備が損傷したのは、次の6拠点。日立製作所電力システム社日立事業所(茨城県日立市)、同都市開発システム社水戸事業所(茨城県ひたちなか市)、同情報制御システム社大みか事業所(茨城県日立市)、日立アプライアンス多賀事業所(茨城県日立市)、日立オートモティブシステムズ佐和事業所(茨城県ひたちなか市)、同福島事業所(福島県伊達郡)。

詳しい被害状況はライフラインが復旧しだい確認する方針で、操業再開のメドはたっていない。

明日以降の対応は未定だが、東京電力の計画停電区域にある事業所の中には休業を検討しているところもあるという。

(長谷川 高宏 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。