グーグルが大手携帯各社と提携したワケ

決済サービス普及でアップルに対抗

 2月23日、米グーグルは携帯電話向け電子決済サービスの搭載で、米国内の複数の大手携帯電話事業者と提携したことを明らかにした。ブリュッセルで昨年5月撮影(2015年 ロイター/Francois Lenoir)

[サンフランシスコ 23日 ロイター] - インターネット検索最大手の米グーグル<GOOGL.O><GOOG.O>は23日、携帯電話向け電子決済サービスの搭載で、米国内の複数の大手携帯電話事業者と提携したことを明らかにした。黎明(れいめい)期にある携帯決済サービス市場で、最近参入したアップル<AAPL.O>に対抗する。

同社が同日公式ブログに掲載した記事によると、AT&Tモビリティ<T.N>、TモバイルUS、ベライゾン・ワイヤレス<VZ.N>の各社は、年内に米国内で販売するアンドロイド搭載スマートフォンに、「グーグル・ウォレット」アプリを導入する。

また、グーグルによると、携帯電話各社の合弁で数年前に設立された電子決済サービス会社の「ソフトカード」から技術を獲得したという。

グーグル・ウォレットでは、利用者のクレジットカードやデビッドカードの情報を記憶し、店頭の専用端末にスマホをかざすだけで、決済が可能となる。

グーグルは2011年にウォレットを導入したが、消費者の間では普及に難航。携帯各社が、競合するソフトカードのサービスを展開したことが一因とされる。

ただ、アップルが「iPhone(アイフォーン)6」でアップルペイを導入し、昨年10月以降は競争環境が変化している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
楽天の通信事業<br>狙いと勝算をすべて話そう

2019年10月、第4の通信会社として自前回線でのサービスを開始する楽天。今回の通信参入プロジェクトを「神がかりのショット」続きだったと話す三木谷浩史会長兼社長。その真意とともに、狙いや勝算、世界を見据えた成長戦略を聞いた。