グーグルが大手携帯各社と提携したワケ

決済サービス普及でアップルに対抗

 2月23日、米グーグルは携帯電話向け電子決済サービスの搭載で、米国内の複数の大手携帯電話事業者と提携したことを明らかにした。ブリュッセルで昨年5月撮影(2015年 ロイター/Francois Lenoir)

[サンフランシスコ 23日 ロイター] - インターネット検索最大手の米グーグル<GOOGL.O><GOOG.O>は23日、携帯電話向け電子決済サービスの搭載で、米国内の複数の大手携帯電話事業者と提携したことを明らかにした。黎明(れいめい)期にある携帯決済サービス市場で、最近参入したアップル<AAPL.O>に対抗する。

同社が同日公式ブログに掲載した記事によると、AT&Tモビリティ<T.N>、TモバイルUS、ベライゾン・ワイヤレス<VZ.N>の各社は、年内に米国内で販売するアンドロイド搭載スマートフォンに、「グーグル・ウォレット」アプリを導入する。

また、グーグルによると、携帯電話各社の合弁で数年前に設立された電子決済サービス会社の「ソフトカード」から技術を獲得したという。

グーグル・ウォレットでは、利用者のクレジットカードやデビッドカードの情報を記憶し、店頭の専用端末にスマホをかざすだけで、決済が可能となる。

グーグルは2011年にウォレットを導入したが、消費者の間では普及に難航。携帯各社が、競合するソフトカードのサービスを展開したことが一因とされる。

ただ、アップルが「iPhone(アイフォーン)6」でアップルペイを導入し、昨年10月以降は競争環境が変化している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT