東リは地震で仙台営業所と配送センターが被災、配送機能は停止【震災関連速報】

東リは地震で仙台営業所と配送センターが被災、配送機能は停止【震災関連速報】

壁や床など内装材トップの東リは14日、東日本大震災の影響で宮城県仙台市にある仙台営業所と仙台配送センターが被害を受けた、と発表した。また電力不足に伴う東京電力管内の計画停電によって、神奈川・厚木市の「厚木工場の生産活動への影響が予想される出る可能性がある」(東リ)としている。

東北地方や関東地方に置いて生産設備への被害はなかった。ただ仙台の営業建屋は損傷が発見され、配送センターは機能がストップしている、という。東リの製品配送は、伊丹、滋賀、関東の3拠点から、地方中核都市に設けられた中継の配送センターに送られて、最終供給先に届ける仕組み。仙台配送センターは、その中継拠点にあたり、仙台営業所エリアが担当地区となる。復旧の見込みは未定、という。他拠点からの配送も可能だが、交通が混乱していることから、配達期日の遅れが見込まれる。

また厚木工場は、同社の主力製品である塩ビタイル製品を生産している。14日時点では特に影響は出ていないが、今後計画停電が実施されれば、伊丹工場などでのバックアップ等が必要になりそうだ。

(鶴見 昌憲 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。