クリナップは9工場中、7工場が操業停止。主要製品の生産・出荷への影響不可避【震災関連速報】

クリナップは9工場中、7工場が操業停止。主要製品の生産・出荷への影響不可避【震災関連速報】

キッチン大手のクリナップは、11日の東日本巨大地震の影響により、福島県いわき市にある主力工場群が被害を受けている。建屋や生産設備の一部が損壊しているほか、協力企業からの部品供給が滞るなど、当面の稼働再開は困難な状況だという。

同社広報によると、主力拠点である四倉工場(いわき市四倉町)やグループ会社の久之浜工場(同市久之浜町)など、沿海部に立地する生産拠点が津波による被害を受けた。鹿島工場(同市常磐水野谷町)や湯本工場(同市常磐岩ヶ岡町)など内陸寄りの工場も地震による地面の隆起などにより、一部建屋などが損壊しているという。また、同市周辺にある協力企業からの部品供給が停滞することは確実な状況だ。

いわき市一帯には、同グループ9工場中、7工場が集中している。岡山県にも生産拠点を構えているが、当然ながら岡山の2工場でいわきの7工場分の生産を補うことは困難。システムキッチンやシステムバスなど主要な製品の生産・出荷に影響を及ぼすことは間違いない。

本日発売の「会社四季報」11年2集(春号)には、上記のような震災影響を織り込んでいない。今後、被害状況など詳細が判明したのちに、下表の業績予想を修正する。

(猪澤 顕明 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。